相原正明の個人オフィスのホームページです

image

私、相原正明の個人オフィスのホームページです。
当サイト「こちら相原正明行政文化小園」を平成17年6月1日からスタート致しました。
私は、小園(しょうえん)の亭主です。

住所: 〒023-1131 岩手県奥州市江刺愛宕字橋本119番地
Tel&Fax:0197-35-2134
E-mail:ma230301@pon.waiwai-net.ne.jp

★NPO法人いわて未来政策・政経研究会ホームページのご案内☆
http://iwate-miraiken.sakura.ne.jp

What’s New

 

2024.1.31

メールマガジン第116号「生成AIとの共生に備える」を掲載しました !

生成AI

椎名素夫氏

2023.10.27

メールマガジン第115号を掲載しました !

メールマガジン第115号「少子化対策成果挙げて」を掲載しました。是非ご覧ください。

2023.9.2

内舘茂いわて未来研前理事が盛岡市長に就任 !!

本年8月13日に行われた盛岡市長選挙において、いわて未来研理事の内舘茂氏が当選し、9月2日から同市長に就任しました。なお、同氏は9月1日付で理事を辞任しております。

同氏は、いわて平成松下村塾の卒熟生で令和3年から理事に就任していました。同氏の略歴は次のとおりです。

昭和41年9月生まれ、盛岡市大通、会社社長、元盛岡青年会議所理事長、卒塾生

 

2023.5.17

メールマガジン第114号を掲載しました !

メールマガジン第114号「科学技術力計画的強化を」を掲載しました。是非ご覧ください。

2023.2.26~

「相原正明著述集Ⅲ―随筆・エッセイー初代奥州市長(2年目)の軌跡・滝沢村助役心象スケッチほか」(A5判226ページ)を発行(自費出版)しました !!  

このホームページでもご覧になれます !! 

この度、著述集3冊目となる標題の本を本年2月26日自費出版し、国立、県立、市町村立の図書館、知事、市町村長、奥州市内地区センター、報道機関等に進呈いたしました。

発行部数に限りがあり、多くの方々にお送りできませんので、PDF化し、本ホームページで閲覧できるようにいたします。下記の通り、主要項目ごとに分割し、見やすいようにいたしました。どうぞご覧いただき、感想などお寄せいただければ幸いです。

☆ 表紙・ブックカバー https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-BookCover.pdf

☆ p1~p11  「ご挨拶」、「目次」https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-p1-p11.pdf

☆ p12~p27  「随筆・エッセイー滝沢村助役心象スケッチ」https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-p12-p27.pdf

☆ p27~p41  「随筆・エッセイー初代奥州市長(2年目)心象スケッチ」https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-p27-p41pdf.pdf

☆ p41~p73  「随筆・エッセイーいわて未来研会長心象スケッチ」https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-p41-p73pdf.pdf

☆ p73~p105  「初代奥州市長(2年目)メールマガジン」https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-p73-p105pdf.pdf

☆ p105~p137  「いわて未来研会長メールマガジン(抄)」https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-p105-p137pdf.pdf

☆ p137~p162  「初代奥州市長2年目の著述など―挨拶・著述、マニフェスト大賞受賞、広報おうしゅう」https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-p137-p162pdf.pdf

☆ p162~p193  「初代奥州市長2年目の著述など―庁議における市長からの話(指示)、年度始め・年末年始における職員への挨拶、市長のテレビ訓示(第2回)、市長から職員への手紙」https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-p162-p193pdf..pdf

☆ p194~p226(最終) 「いわて未来研の発足と活動―設立の趣旨と経緯、十年の歩み、いわて未来研会長著述・記事等(抄)」、「プロフィール」、「あとがき」https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/AiharaMasaakiBookThree-p194-p226pdf.pdf

この出版については、次のとおり報道いただきました。このうち、岩手日日紙、岩手日報紙には本ホームページのQRコードも表示されております。

2023.2.26岩手日日新聞、2023.3.5胆江日日新聞、2023.3.22岩手日報

 

 

 

2022.12.27

いわて未来研―令和4年度(第10次)行政機関、政党等への政策・意見提言がまとまり、早速提言 !!

いわて未来研の理事会が去る12月3日開催され、標題の提言(大項目13、 小項目16(うち新規14、一部新規2)を決定しました。12月26日には相原正明会長、渡辺清文理事が県南広域振興局永井榮一局長に面会し、知事、県議会議長、教育長、各広域振興局長あての提言書を説明し、施策への反映を求めました。永井局長からは、県の各組織からの回答をもとに懇切な説明をいただきました。

また、12月27日には千田敏彦副会長、外川昌子理事、及川和治理事が、倉成淳市長に面会して、提言書を説明・提出しました。倉成市長からは、丁寧なコメントをいただきました。

今後、関係大臣、岩手県関係国会議員、市長会長、町村会長、政党本支部長に対し、文書送付により、提言活動を行ないます。

この間、報道機関の取材があり、複数紙に写真入りで記事掲載されたところです。

政策・意見提言書の内容は、次のPDFによりご覧ください。
〇 一覧(目次) https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-  content/uploads/2023/02/seisakuiken-ichiran-R4.pdf
〇 表紙 https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/seisakuiken-omotegami-R4.pdf
〇 本文 https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/02/seisakuiken-R4.pdf

2022.11.15

心象スケッチを掲載しました !

ホームページのリニューアルのため、お知らせが遅れていましたが、次のとおり掲載しましたので、ご覧下さい。

2022(R4).9.30   ―我が家の十大ニュース― (第113号)

2022(R4).8.31   ―遠隔地の孫に贈る言葉― (第112号)

2022(R4).7.31   ―九十代同級生からの弔辞― (第111号)

2022(R4).6.30-常に味方の母逝けり―(第110号)

2022(R4).5.31-相原正明著述集Ⅲと生涯出版計画―(第109号)

2022(R4).4.30-滝沢村助役心象スケッチ―(第108号)

2022(R4).3.31-お礼の手紙―(第107号)

2022(R4).2.28-市議選の季節―(第106号)

2022(R4).1.31-俳句はやはり生涯の友―(第105号)

2021(R3).12.31-芦東山(あしとうざん)に想う―(第104号)

2022.9.20

ホームページを新スタイルに改めました !

平成17年の立ち上げ以来、ホームページビルダーにより進めて参りましたが、令和4年9月からワードプレスによって作成・更新・発信してまいります。

これまで同様ご愛顧ください。

2022.8.11 メルマガ第111号を掲載しました !

メールマガジン第111号「ウクライナ侵攻と日本」を700余名の方々に発出し、本ホームページに掲載しました。是非ご覧ください。

2022.7.29 いわて未来研会報第49号(R4.7.29)が発行されました

NPO法人いわて未来研(相原正明会長)の会報第49号(250部発行。会員の ほか、関係行政機関(県本庁、広域振興局、市)、県立図書館ほかの図書館 (保存用・閲覧用)、一部報道機関等に配付)が発行されましたので、ご紹介します。
会報の基本テーマは、「ウイズコロナ・ポストコロナ時代の健康・医療・福祉」です。次のPDFにてご覧ください。

いわて未来研会報(p1、p16)へのリンクhttps://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/01/kaiho49R4.7.29-p1、p16-1.pdf

いわて未来研会報(p2~p15)へのリンクhttps://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2023/01/kaiho49R4.7.29-p2-p15.pdf

2022.4.29 いわて未来研会報第48号(R4.4.29)が発行されました

NPO法人いわて未来研(相原正明会長)の会報第48号(250部発行。会員の ほか、関係行政機関(県本庁、広域振興局、市)、県立図書館ほかの図書館 (保存用・閲覧用)、一部報道機関等に配付)が発行されましたので、ご紹介します。
会報の基本テーマは、「産業と経済―脱炭素社会、ウイズコロナ・ポス トコロナとも関連させて」です。次のPDFにてご覧ください。

いわて未来研会報(p1、p16)へのリンク
https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2022/09/kaiho48R4.4.29-P1P16.pdf
いわて未来研会報(p2~p15)へのリンク
https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2022/09/kaiho48R4.4.29-P2-P15.pdf

2022.1.28 いわて未来研会報第47号(R4.1.28)が発行されました

NPO法人いわて未来研(相原正明会長)の会報第47号(250部発行。会員のほか、関係行政機関(県本庁、広域振興局、市)、県立図書館ほかの図書館(保存用・閲覧用)、一部報道機関等に配付)が発行されましたので、ご紹介します。
会報の基本テーマは、「環境、情報、新たな政策分野、更に外交―世界の中の日本の視点も含めて」です。次のPDFにてご覧ください。

いわて未来研会報(p1、p16)kaiho47(R4.1.28)-P1,P16.pdf へのリンク
https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2022/09/kaiho47R4.1.28-P1P16.pdf
いわて未来研会報(p2~p15)kaiho47(R4.1.28)-p2-p15.pdf へのリンク
https://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/wp/wp-content/uploads/2022/09/h22manifesto-05.pdf

2021.11.24 令和3年度(第9次)行政機関、政党等への政策・意見提言がまとまり、早速提言 !!

いわて未来研の理事会が去る12月4日開催され、標題の提言(大項目13、 小項目16(うち新規14、一部新規2)を決定しました。
12月23日には相原会長ほかが県南広域振興局佐々木隆局長に面会し、知事、県議会議長、教育長、各広域振興局長あての提言書を説明し、施策への反映を求めました。
佐々木局長からは、県の各組織からの回答をもとに懇切なお話をいただきました。
また、12月24日には星野副会長ほかが、小沢昌記市長に面会して、提言書を説明・提出しています
今後、関係大臣、岩手県関係国会議員、市長会長、町村会長、政党本支部長に対し、文書送付により、提言活動を行ないます。

政策・意見提言書の内容は、次のPDFによりご覧ください。

一覧(目次) seisakuiken-ichiran-R3.pdf へのリンク
表紙 seisakuiken-omotegami-R3.pdf へのリンク
本文 seisakuiken-R3.pdf へのリンク

2021.12.4 文化講演会が開催されました!

★日 時 令和3年12月4日(土)午後2時30分から午後4時まで
☆場 所 プラザイン水沢(奥州市水沢佐倉河字後田29 電話 0197-25-8811)
★主 催 特定非営利活動法人いわて未来政策・政経研究会
☆講 師 一関市立芦東山記念館館長、東北大学名誉教授 吉田 正志 氏
★演 題 「芦東山と被差別民との交流」
☆参加者 参加希望の住民、会員 入場無料 22名が参加しました。
★新型コロナ感染対策 検温、マスク、手指消毒を励行し、換気を励行しました。
座席は一定の距離をおいて配置しました。

2021.11.30 心象スケッチを掲載しました

2021(R3).11.30 ―たちまちEU(欧州連合)ファンとなる―(第103号)

アクセス数


アクセスカウンター

PAGETOP
Copyright © こちら相原正明 行政文化小園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.