,
                        TOP | いわて未来研について | 事業について | 入会・ご支援について | リンク  
 TOP
 いわて未来研について
 事業・予算・決算について
 入会ご案内その他
 
 
 こちら相原正明行政文化小園URL
 http://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/index.html


  同Mail: 
ma230301@pon.waiwai-net.ne.jp
  

 
 H27.4.23
いわて平成松下村
塾第四期(H25.
7-9)の状況
など

 いわて平成松下村塾の
第四期は、塾生2人を迎
え、平成25年7月27日
(土)いわて未来研事務
所(奥州市江刺区)で入塾
式と最初の講義が行われ
ました。

 塾生は、滝沢村の男性
(30代、会社員)と江刺区
の男性(60代、会社役員)
です。卒塾生は13人で
すので、こ2人を加える
と15人を迎えたことにな
ります。
 今期の講師は、相原正
明塾頭、佐藤邦夫講師、
前田正二講師の3名で、
延べ3日間で8時間の講義
や演習が行われました。
 ― その後の状況 ―
 平成26年3月の奥州市
議会議員選挙には2人が
立候補し、2人とも当選
しました。当塾としては
第1号の朗報でした。

               


  第二期の状況  

 いわて平成松下村塾第
二期(H24.1-3)の様子 


   入塾式での決意表明

  
     お問い合わせ・ご意見・ご提言を
 


いわて未来研


特定営利活動法人(NPO法人)
いわて未来政策・政経研究会
(略称:いわて未来研)
〒023-1131
岩手県奥州市江刺区愛宕字橋本119番地
TEL: 0197-35-2134
FAX: 0197-35-2134

Mail:miraiken@pon.waiwai-net.ne.jp

URL: http://iwate-miraiken.sakura.ne.jp

 
29.5.21  特定非営利活動法人(NPO法人) いわて未来
         政策・政経研究会通常総会が開催されました !!

     
        藤井茂 講師
              講演会風景
日 時 平成29年5月20日(土)午後2時30分から午後3時20分まで
場 所 プラザイン水沢(水沢区佐倉河字後田29 電話 0197-25-8811)
講演会 講師 藤井 茂 氏 
(一般財団法人 新渡戸基金常務理事、
                         元盛岡タイムス社社会学芸部長、著
                「もりおか歴史散歩」など多数)

      演題 新渡戸稲造と後藤新平
     

参加者 37名が参加し、熱心に聴講しました。


 H29.9.19 
 いわて平成松下村塾第六期開催決定(H29.11-12)
   引き続き塾生募集も行っています
 !! 


 詳細は下欄をご覧の上、お早めにお申し込みください。
  
         


  いわて未来政策・政経研究会主宰のいわて平成松下村塾が第一期から
 第五期までを 終了し、16人(6市町村の出身)の塾生を世に送り出しまし
 た。既に卒塾生から市議選で2名が当選しています。現職県議が入塾した
 期もあります。

  
今回入塾希望者があり、11月〜12月に第六期として開催することになり
 ました。引き続き塾生募集も行います。

   
  
 
 次の首長経験者が新たに講師として加わりました(第六期の講師は
   一部異なります)。

         
      
 伊藤 彬 氏        柳村 純一 氏
       (元北上市長)         (元滝沢村長)
             
        
第一期生(7)入塾式      廣野 富男 氏    及川 佐 氏
         
(23.7.9)
            (H26.3.9奥州市議会議員に当選)
   H29.2.25  
  熊坂義裕氏との意見交換会
開催される !!
     
日 時 平成29年2月25日(土)午後2時30分から午後4時まで
場 所 奥州市水沢地区センター(同市水沢区聖天85-2 電話 0197-23-3165)
主 催 特定非営利活動法人いわて未来政策・政経研究会
講 師 医学博士、前宮古市長、京都大学非常勤講師、(社)社会的包摂
     サポートセンター代表(よりそいホットライン―全国ネット)
講 演  熊坂氏から「医師、市長、福祉実践者の立場から」と題して講演
     いただきました。

意見交換会 講演後、会場出席者と熊坂氏との意見交換が行われました。
            若い女性が立候補するための方策という問いに対しては、ノル
       ウェーでは議会も含めてあらゆる分野で男女のどちらかが、4
       を切ってはいけないとの法律があるので参考にすべき、また、医
       師不足対策については、女医が増えているが、地域的偏在と診療
       科における偏在とがある、2025年には医師が余り、質が問題とな
       ると答えました。このほかにも3人から質問があり、オールジャ
       パン的観点から丁寧に答えていました。


H28.12.13   平成28年度行政機関、政党等
       への政策意見・提言まとまり、早 
      速活動 !!


 いわて未来研の役員会が11月26日開催され、標題の提言項目(大
項目12、 小項目14(うち新規13、一部新規1)を決定しました。
 12月13日には県南広域振興局堀江局長に面会し、知事、県議会
議長、教育長、各広域振興局長あての提言書を説明し、施策への反映
を求めました。
 このほかにも関係機関や政党に対して訪問又は文書送付により、
提言活動を行ないます。


  【提言項目】 
  1 東日本大震災からの復興の促進並びに被災者対策の充実
   (1) 後半5年の中での新しいまちづくり等の基礎打ちを
  2 主権者教育の充実
  3 空き家対策の充実
  4 保育士の処遇改善
  5 大規模災害に備えた医療カルテデータの確保
  6 ILCの効果的な財源確保
  7 年金積立金運用実態の透明化と国民不安の解消
  8 地方創生施策の充実
   (1) 都市部との連携をより重視した農業施策の展開
   (2) 高齢者福祉・医療の充実
   (3) 若年労働者に対する支援
  9 岩手っ子学力向上の取り組み強化
  10 自治体窓口職員の接遇の改善に向けた職員教育の徹底
  11 奥州市地区センターの指定管理移行の円滑化
  12 奥州市地域自治区問題の住民合意を経た速やかな決着を
           
              県南広域振興局長堀江淳氏に提出
              (H28.12.13 相原会長・千田監事)

  H28.11.27  
    講演会・シンポジウム「新有権者(18歳以上)
   に期待する」が開催されました !!

  
50名にものぼる方々が参加し、盛会裏に終了しました。
          
        

    千葉絢子(じゅんこ)講師         講演会・シンポジウム
日 時 平成28年11月26日(土)午後3時から5時まで
場 所 ホテルニュー江刺(本館)(奥州市江刺区南大通り4-1 電話 0197-35-6101
主 催 特定非営利活動法人いわて未来政策・政経研究会
基調講話 千葉 絢子氏(岩手県議会議員・盛岡選挙区)
シンポジウムパネリスト  千葉絢子氏(講師)、赤津征男氏(前県選管委員)、
               伊藤勝氏(水沢第一高等学校長)、同校A男君、B女さん
開催結果の報告 
「新有権者(18歳以上)に期待すること」をテーマとする講演会・
         シンポジウムがは、約50人が参加して熱い論議に耳を傾けました。

                奥州市明るい選挙推進協議会の菅原博会長の祝辞に続き、元岩手
         めんこいテレビアナウンサーでもある新進気鋭の千葉絢子県議会議
         員(盛岡)の内容豊富な講話があり、感銘を与えました。

                シンポジウムでは、千葉講師のほか赤津征男前県選管委員、伊藤
         勝水沢一高校長、さらには同校の生徒安倍滉奈さん、立野裕人君が
         加わり、それぞれの立場から考え・想いを発表されました。

                特に高校生のお二人の明快で意欲的な発言が注目を集めた感があ
         りました。この企画が若者の政治参加意識の向上につながれば幸い
         です。

 

28.5.21  特定非営利活動法人(NPO法人) いわて未来
         政策・政経研究会通常総会が開催される!!


 
平成28年5月21日(土)午後2時40分から奥州市のプラザイン水沢で上記の通常
総会が開催され、正会員209人中121人が出席(本人30人、書面91人)し、平成27
年度の事業報告及び収支決算が承認され、平成28年度事業計画及び活動予算が
決定されました。
 お祝いとして、北海道深川市の山下貴史市長からメッセージが寄せられまし
た。当日出席の会員には同市の観光パンフレット(2種類)も配付されました。
 
 総会後の講演会では、37名画参加し、宮健氏(県中小企業診断士協会代表理事
・会長)から「宮健のズバリ寸評〜経営論から人物論まで〜」と題して分かり易
いお話をいただきました。
 更にその後26人が参加して、宮講師を囲み、和やかに交流会(懇親会)が開催
されました。

   
       総  会               講演会                 交流会
   H28.2.27  
    国会議員(階猛衆議院議員)との意見交換会
   が開催されました

   https://www.dpj.or.jp/global/data/files/0000/0002/4833/74ae2b700ced2c43b2c0915a90dacad8_tn648.jpg
日 時 平成28年2月27日(土)午後1時40分から午後3時まで
場 所 奥州市水沢地区センター(同市水沢区聖天85-2 電話 0197-23-3165)
主 催 特定非営利活動法人いわて未来政策・政経研究会
講 演  階猛衆議院議員(民主党)から「国政の課題」について講演いただきました。
意見交換会 講演後、会場出席者と階猛氏との意見交換を行いました。
出席者 
30名余


   
 H28.1.23 
  ― いわて平成松下村塾第五期(H28.1-3)
      塾生1名(現職県議)でスタート
 ― 
 
 
いわて平成松下村塾の第五期(H28.1-3)がスタートしました。塾生は、現職県議の菅野博典さん
(奥州市、
38歳、男性)1名です。
 
講師として、相原正明(塾頭)、佐藤克夫(元奥州市議)、柳村純一(元滝沢村長)伊藤正次(元前沢町長)

佐藤邦夫
(奥州市議)の各氏が当たります。
16人目の見事な卒塾生を育てます。

    
            
H28.1.23 入塾式 


H27.11.25   平成27年度行政機関、政党等
       への政策意見・提言まとまり、早 
      速活動 !!


 いわて未来研の役員会が11月14日開催され、標題の提言項目(大
項目7、 小項目15(うち新規12 継続3)を決定しました。
 11月25日には県南広域振興局堀江局長に面会し、知事や各広
域振興局長あての提言書を説明し、施策への反映を求めました。
 このほかにも関係機関や政党に対して訪問又は文書送付により、
提言活動を行ないます。


  【提言項目】 
  1 東日本大震災からの復興の促進並びに被災者対策の充
   実
   (1) 国による特例的な財政支援の継続
   (2) 被災者の生活再建支援制度の拡充
   (3) 被災者の不安解消に資する支援ソフト事業の拡充
  2 少子・人口対策の充実
   (1) 子どもを産み育てることの重要性の啓発
   (2) 子どもを社会の財産として育てる施策の展開
   (3) 育てた人材を流失させず、逆に呼び込む施策の推進
   (4) 首長直属の特別機関の設置
  3 若者の就労対策の充実
   (1) 若者の雇用形態と賃金体系の改善
   (2) 具体的就労支援策の樹立と推進
  4 介護の担い手確保のための介護報酬の改善
  5 新有権者の教育の充実
  6 県土の均衡ある発展に資する県立高等学校の再編整備
  7 地方創生施策の充実
   (1) 都市部・農村部の一体化・連携の強化
   (2) 介護・医療の一体的実施・連携の強化
   (3) 若年労働者の支援 
           
              県南広域振興局長堀江淳氏に提出
              (H27.11.25 相原会長・千田監事)
  H27.11.14  
 いわて未来研主催の講演会が開催されました

      
日 時 平成27年11月14日(土)午後3時から午後4時50分まで
場 所
奥ホテルニュー江刺(本館)
     
(奥州市江刺区南大通り4-1 電話 0197-35-6101)
講 師 えさし郷土文化館館長 相原 康二 氏 (元県立図書館長)
演 題  平泉文化と県南地方         
出席者 20名余
 H27.9.12 
  親睦交流会が平泉町、一関市を
舞台に開かれる! 

 912()、ほぼ晴天の中、会員等13人が参加し、平泉町、一関市を舞台に親睦交流
会が行われました。
奥州市にも拡張登録候補地がありますが、壱日も早い本登録を祈り
ながら、有意義に見聞を広めることが出来ました。

 奥州市世界遺産登録候補地ガイドの会小野寺会長さんのお世話で、平泉世界遺産(一部)
と同遺産拡張登録候補地の骨寺村荘園遺跡
(一関市)を見学しました。

       
          骨寺村荘園遺跡にて

           

   H27.8.12
  
     

  第19回未来の都市を創る市長の会in深川

  平成27年8月10日、北海道深川市プラザホテル板倉において標題の会議が開催
 され、相原正明が
前奥州市長・いわて未来政策・政経研究会会長として出席し
 ました。出席者は次のとおりです。
   東京都調布市長 長友 貴樹    岐阜県岐阜市長 細江 茂光
   北海道深川市長 山下 貴文    岩手県前奥州市長 相原 正明
   千葉県前銚子市長・弁護士 野平 匡邦
  テーマは地方創生であり、地元山下市長の講演の後、パネルディスカッションが
 行われました。
  会場には深川市民約100名が参加し、熱心に聞き入り、また質問もしていました。

  (注) 未来の都市を創る市長の会は、平成16年に10名ほどの市長が集まり発足した
    いわば勉強会であり、当時の相原正明江刺市長が初代の会長を務めている。

       

 H27.7.27
 
盛岡市議会議員選挙立候補予定者の政見
を聴く会が7月26日(日)に県公会堂で実施
されました!!


 
    

日 時 平成27年7月26日(日)午前10時30分から午後2時まで
 所 県公会堂26号室(盛岡市)
主 催  NPO法人いわて未来政策・政経研究会
後 援 盛岡青年会議所、NPO法人政策21、報道機関(岩手日報社、
     岩手日日新聞社、盛岡タイムス社、胆江日日新聞社、読売新聞盛岡支局、
     朝日新聞盛岡総局、毎日新聞盛岡支局、IBC岩手放送、めんこいテレビ)
内 容

  
  1 盛岡市議選(H27.8.16告示、8.23投票)の立候補予定者42人にに文書で出席を要請
   したところ、13名の出席(下表)となりました。   
  2 2グループに分け、午前の部7人、午後の部6人で実施しました。立候補予定者の
   発言は、1回目5分、2回目3分で行いました。
  3 立候補予定者の発言は、1回目「立候補を決意するに至った理由」及び「主な政
   策」とし、2回目は「最も力を入れたいこと」とし、盛岡青年会議所がアンケート
   によって把握した市民が思う政策課題」についてあらかじめ連絡し、その内容に
   触れた発言を求めました。
  4
 コーディネーター(司会進行)は、いわて未来研会長の相原正明が勤めました
  

  敬称略

Aグループ

午前10:40

〜午前11:50

1 千葉  正  2 鈴木 一夫  3  守谷 祐志 

4 伊勢 志穂   5 千葉 伸行  6 神部 伸也

7 工藤 健一 

Bグループ

午後 1:00

〜午後 2:00

1 豊村 徹也 2 庄子 春治 3 田山 俊悦

4 橋 和夫  5 大畑 正二 6 中野 孝之助 

() グループ分けと氏名に付した番号(席順)は、公開の抽選によるものです。
市民の参加
   市民約40名が熱心に聴講しました。   
    


H27.5.23 特定非営利活動法人(NPO法人) いわて未来
         政策・政経研究会通常総会が開催される!!


 
平成27年5月23日(土)午後2時半から奥州市のプラザイン水沢で上記の通常総
会が開催され、正会員227人中129人が出席(本人33人、書面96人)し、平成26年
度の事業報告及び収支決算が承認され、平成27年度事業計画及び活動予算が決
定されました。
 お祝いとして、東京都調布市の長友貴樹(よしき)市長からDVDによる9分間の
ご祝辞(ビデオメッセージ)がありました。

 また、役員人事では、基本的に全員が再任となりましたが、新しく理事に
就任したのは、酒井俊巳氏(元県部長、振興局長)、鈴木雅彦氏(奥州市議会議
員)です。
 総会後の講演会では、小沢昌記氏(奥州市長)から「人口減少時代のまちづ
くり〜後藤新平伯に学ぶ〜」と題して分かり易いお話をいただきました。
 更にその後25人が参加して、小沢講師を囲み、和やかに交流会(懇親会)が
開催されました。

           
               総会風景

  H27.5.1 

  いわて未来政策・政経研究会会報第20号を発行しました。会員(303人・
法人)以外の方でご覧になりたい方はお申し越しください。
 今回のテーマは「地方創生と人口減少対策」
です。
 主な執筆者、インタビュー対応者等の方々は次のとおりです。

      
   熊坂 伸子 氏
       種田 勝 氏

  H27.2.28   H27.4.18
  
盛岡市議会議員選挙立候補予定者の政見を聴く会を
 7月26日(日)に県公会堂で実施します。

    第1回実行委員会が開催されました
     

日 時 平成27年2月28日(土)午後2時30分から午後4時まで
場 所 盛岡市都南公民館
協議内容 
  1 平成27年7月26日(日)午前10時30分から午後3時40分まで
  2 県公会堂26号室(盛岡市)で実施
  3 主催は当会。後援は、盛岡青年会議所、NPO法人政策21
  4 盛岡市議選(H27.8.16告示、8.23投票)の立候補予定者に文書で出席を要請し、出
   席者を3グループに分けて実施。
  5 1グループ当たりの時間は90分以内とし、立候補予定者の発言は、1回目3分〜5分
   (出席人数による)、2回目2分から3分(出席人数による)とする。
  6 立候補予定者の発言は、1回目「立候補を決意するに至った理由」及び「主な政
   策」とし、2回目は「最も力を入れたいこと」とする。この場合、盛岡青年会議所
   がアンケートによって把握した「市民が思う政策課題」についてあらかじめ連絡
   し、その内容に触れた発言を求めるものとする。
  7 一般市民に参加を呼び掛ける。入場は無料。出入り自由とする。

    
  H27.2.21  

  県南広域振興局長との意見交換会
   が開催されました

     
日 時 平成27年2月21日(土)午後2時から午後3時まで
場 所 奥州市水沢南地区センター
     
(奥州市水沢区大鐘町二丁目12 電話 0197-25-7990)
主 催 特定非営利活動法人いわて未来政策・政経研究会
講 演 遠藤達雄局長から「県南地域の人口減少対策・若者と女性が
     躍動する地域づくり」について講演いただきました。

意見交換会 講演後、会場出席者と遠藤局長との意見交換を
       行いました。
出席者 
30名余

  H27.2.6 

  いわて未来政策・政経研究会会報第19号を発行しました。会員(310人・法人)以外の方でご覧になり
たい方はお申し越しください。
 今回のテーマは「文化の香り高い心豊かな生活」です。文化・芸術に関わる内容が多く掲載されています。
 主な執筆者、インタビュー対応者等の方々は次のとおりです。
   
        
           外川 千帆 さん          菊池 正宏 氏    細川 光司 氏    白濱 一羊 氏
   
    ドイツ・ミュンヘン在住
        IMG   
       佐々木京子さん   三遊亭楽麻呂 師匠  佐々木 さん
  H26.11.23  NPO法人共催による
      震災復興に関する講演会・
     シンポジウム開催される
    
          
佐々木局長の講演               シンポジウム風景
☆ 日時・場所 
   平成26年11月22日(土)午後2時〜5時 プラザイン水沢
☆ 講演会 
  
岩手県沿岸広域振興局長 佐々木和延 氏を講師に、「東日本大震災津波からの
  復興の取組み」と題して、豊富な資料と映像を用いて講演が行われました。
 活動発表
   NPO法人復興支援奥州ネット理事兼事務局長佐藤まゆみ氏から被災者の自立支援
  活動について写真と動画により発表がありました。最後に「気仙語によるラジオ体
  操」の披露もあり、一同そろって上着を脱ぎ体操に参加しました。
 シンポジウム
   
(1)  コーディネーター  主催者NPO法人復興支援奥州ネット理事長千田敏彦 
   (2)  パネラー 講師 佐々木 和延 氏
      震災被災者(奥州市水沢区に避難) 吉田栄治さん(陸前高田市出身)
           米澤耀子さん(釜石市出身) 鈴木マサ子さん(大船渡市出身)               
      主催者NPO法人いわて未来研会長相原正明
   (3)  テーマ  震災復興について思うこと
☆ 参加等 
   40余名の参加となりました。持ち込まれた幾枚もの大漁旗と相まって熱気に包ま
  れた会となりました。


 H26.10.5  親睦交流会が奥州市胆沢区で開かれる!

 
平成26年度の会員等親睦交流事業が10月5日(日)に奥州市胆沢区で実施され、
15名が参加しました。
 クアパークひめかゆ(市の第三セクター)のマイクロバスに乗り、
まず昨年11月に竣工した胆沢ダムの堤体を散策し、次にダムサイトに
ある「弘法の枕石」を見学しました。
 
ひめかゆでは豪華昼食と温泉入浴を楽しみながら参加者それぞれの自己
紹介話に耳を傾けました。帰路には円筒分水工と角塚古墳を見学し、理解を
深めました。天候にも恵まれ皆大いに満足した様子でした。

           
           弘法の枕石を背に記念写真

H26.9.13   平成26年度行政機関、政党等
      への政策意見・提言まとまる !!


 いわて未来研の役員会が9月13日開催され、標題の提言15項目
(新規11、継続4)を決定しました。
 9月24日には県南広域振興局遠藤局長に、また、同月29日には
奥州市長に面会し、提言書を説明し、施策への反映を求めました。
 このほかにも関係機関や政党に対して訪問又は文書送付により、
提言活動を行ないます。


  【15項目】 要旨については「事業・行事」欄をご覧ください。
  1 震災被災者対策の充実
   (1) 住宅を建設・購入する被災者への加算支援金の増額
   (2) 公営住宅入居者への加算支援金支給
  2 震災被災地復興事業の促進のための工事等入札積算単
   価の改善
  3 休止となっている県外への成牛生体移動等の早期復活
  4 国道4号折居交差点の恒常的渋滞の改善策としての
   水沢バイパスと前沢バイパスの接続
  5 若者の雇用形態と賃金体系の改善
  6 減反廃止等に伴う人口急減対策等の新たな農村対策へ
   の取組み
  7 高齢化基準の見直し
  8 田んぼの法面草刈り作業等への支援の十分な説明を
  9 生物多様性保全をより重視した圃場整備等の推進
  10 県議会中継を県内ケーブルテレビで可能とする措置等
  11 県土の均衡ある発展に資する県立高等学校の再編整備
  12 奥州市立前沢診療所の早期再開と事業継続
  13 市補助金の交付対象である防犯協会等の団体の組織の
   スリム化
  14 市道舗装工事の採択の精査
  15 市広報紙への「市民伝言版(仮称)」コーナーの設置
           
          県南広域振興局長遠藤達雄氏に提出
          (H26.9.24 相原会長・千田監事)
 H26.9.6   

  国会議員との意見交換会が開催されました

 次により開催されました

 最初に藤原講師から「国政の諸課題」と題して主に人口減少とその対策に関
する話があり、参加者との意見交換に入りました。人口問題のみにとどまら
ず、財政問題や震災復興問題など活発な論議が交わされました。


★ 日 時 平成26年9月13日(土)午後2時30分から午後4時まで
場 所 奥州市水沢地区センター(同市水沢区聖天85-2 電話 0197-23-3165)
講 師 衆議院議員 藤原 崇 氏
出席者 34名が参加

 H26.8.29 

  いわて未来政策・政経研究会会報第17号を発行しました。会員(309人・法
人)以外の方でご覧になりたい方はお申し越しください。
 今回のテーマは「国際交流から日本の外交まで」です。
 主な執筆者、インタビュー対応者等の方々は次のとおりです。

             
     松田 慶子 氏      高橋 紀雄 氏      平山 健一 氏      樋下 正信 氏
 H26.7.9   

花巻市議会議員選挙立候補予定者の政見を聴く会  開かれる!!

 
平成26720日告示、727日投票の花巻市議会議員選挙における立候補予
定者の
政見を聴く会が次により開催されました。


 

★ 日 時 平成26年7月6日(日)午前10時から午後2時40分まで
場 所 花巻市交流会館(花巻市葛第3地割183-1 電話 0198-29-4733)
出席者 立候補予定者16人(現職13、新人3)と市民延べ60人余
後 援 公益社団法人 花巻青年会議所
様 子 立候補予定者の熱弁を真剣に聞き入っていました。
      

     
 花巻地区担当  金矢 健次 (花巻市西宮野目13-129-8
            電話 0198-26-5522 携帯 080-6035-5476 )

      
    
     
ピーアールポスター        会場となる市交流会館(旧花巻空港ターミナルビル)    
 

 
  H26.5.17  
 特定非営利活動法人(NPO法人)
  いわて未来政策・政経研究会
   通常総会が開催される !!


 
平成26年5月17日(土)午後2時半から奥州市のプラザイン
水沢で上記の通常総会が開催され、正会員230人中130人が
出席(本人28人、書面102人)し、平成25年度の事業報告及び
収支決算が承認され、平成26年度事業計画及び活動予算が
決定されました。
 お祝いメッセージとして、青森県西目屋村の関和典村長
からの祝辞が紹介されました。
 また、新理事として及川佐(たすく)氏(奥州市議会議員)
が選任されました。
 総会後の講演会では、啄木ソムリエの山本玲子さんから
「啄木の悲喜哀楽〜啄木の歌と生涯と〜」と題して深い中
にも分かり易いお話をいただきました。
 更にその後約30人が参加して、山本講師を囲み、和やか
に交流会(懇親会)が開催されました。

           
                総 会 風 景                           山本玲子さんの講演風景
  H26.4.25 

  いわて未来政策・政経研究会会報第16号を発行しました。会員(311人・法人)以外の方でご覧になり
たい方はお申し越しください。
 今回のテーマは「農林漁商工業の振興と地域の発展」です。
 主な執筆者、インタビュー対応者等の方々は次のとおりです。
   
                  
      津田 保之 氏      堤 芳夫 氏   福田 喜(このむ)氏     工藤 昌男 氏

      
       三浦 宏 

 H26.3.9   

  卒塾生から市議初当選者誕生 !!

 平成26年3月9日の奥州市議選に、いわて平成松下村塾の卒塾生2名が立候補していましたが、2人とも見事に当選されました。
 15人の卒塾生のうち当選者は初めてです。この選挙では、28人の定数に32人が立候補しました。

   第一期生 廣野 富男 (58歳、江刺区稲瀬、元市職員)   1,949票 
          
   第四期生 及川  佐  (66歳、江刺区岩谷堂、元印刷会社社長  2,238票 
           

     
   H26.2.16   

  奥州市議会議員選挙立候補予定者の政見を聴く会 開催される !!

 
平成2632日告示、39日投票の奥州市議会議員選挙の立候補予定者の方々から政見を聴く会が開催され
ました。

    
  ★ 日 時 平成26216()午前10時〜午後4
  場 所 奥州市水沢地区センター(水沢区聖天85-2 電話 0197-23-3165)
  出席者 参加希望の市民。ただし申込み先着80名。
  主 催 特定非営利活動法人いわてみらい政策・政経研究会
   

 なお、開催要綱と実施要領は奥州市民以外の3人の委員を選任して策定していただきました。216日のコーディ
ネーター役も酒井委員長が務めました。

       http://www.pon.waiwai-net.ne.jp/~ma230301/H25.12.23-3H25.12.14の策定委員会(盛岡市中央公民館)
  委員長 酒井俊巳 (盛岡市)  委員 阿部价男 () 委員 藤田修三郎 ()

  H26.2.4 

 いわて未来政策・政経研究会会報第15号を発行しました。会員(310人・法人)以外の方でご覧になりたい
方はお申し越しください。
 今回のテーマは「女性登用の時代」です。
 主な執筆者、インタビュー対応者等の方々は次のとおりです。
   
         img005                 
     田中 史郎 氏       望月  善次 氏      役重 眞喜子 氏       星野 正之 氏
  (宮城学院女子大教授)
    (岩手大学名誉教授)   (岩手大学大学院連合農学研究科)   (元金融公庫支店長)
     
     
      畠山 さゆり 氏
    ()惣兵衛代表取締役

H25.11.16  
 山田町長を迎え首長講演会開催
  また、来春の奥州市議選立候補予定者の
   政見を聴く会の開催を発表
       
 
11月16日奥州市江刺区のホテルニュー江刺において、山田町長佐藤信逸氏を
迎え、首長講演会が開催され、会員と一般の住民の 方合わせておよそ40名が
出席しました。
 またこの日、平成26年3月2日告示の奥州市議会議員選挙の立候補予定者の政
見を 聞く会を同年2月16日(日)に水沢区内の公共施設で行うことを発表しま
した。

   H25.10.29 

 いわて未来政策・政経研究会会報第14号を発行しました。会員(307人・法人)
以外の方でご覧になりたい方はお申し越しください。
 今回のテーマは「新エネルギー・再生可能エネルギーと私たちの生活」です。
 主な執筆者、インタビュー対応者等の方々は次のとおりです。
                               前宮古市長、盛岡大学栄養科学部長の熊坂義裕さん(21日盛岡大学で)
 青森県西目屋村長 関和典 氏   いわて未来研副会長 塚本康雄 氏    熊坂義裕 前宮古市長
    C:\Users\aihara\Desktop\My Pictures\H25.10\__.JPG          C:\Users\aihara\Desktop\My Pictures\H25.10\IMG_20131004_0001.jpg        C:\Users\aihara\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.Outlook\WFJECYDP\DSCF1632.JPG
   会員 沖田 直 さん     会員 千田 範幸 さん
    松田 有佐子 さん

 H25.9.3-10.7  行政機関、政党等への政策・意見提言
                  
 
いわて未来研の役員会が8月24日開催され、標題の提言21項目を決定しました。
 9月3日には相原会長と千田監事が、県南広域振興局遠藤局長に面会し、提言書
を説明し、施策への反映を求めました。この後10月7日までに役員が手分 けし、国や県の
復興局、県議会各会派、地元国会議員に提言活動を展開しました。
 9月27日には県側から詳細な説明と回答を頂きました。
 この活動は当会の基本事業として毎年実施してまいります。

        
          
        遠藤局長に手渡す相原会長
  【21項目】 
  1 被災者生活再建支援金等の支給方法の見直し
  2 住宅を建設・購入する被災者への加算支援金の増額 
  3 みなし仮設の移転の許容
  4 公営住宅入居者への加算支援金
  5 みなし仮設住宅と仮設住宅の入居期間 
  6 生活困窮者への支援 
  7 一時避難者へのサービス
  8 被災地特区の設定 
  9 罹災証明発行の窓口 
  10 原発事故被害者への補償の促進
  11 ILC立地の具体的実現と立地後の住環境等の整備計画 
  12 太陽光等の再生可能エネルギーの活用計画樹立
  13 国道4号折居交差点(奥州市前沢区)の恒常的渋滞の
   改善策としての水沢バイパス(奥州市水沢区)と前沢バイパ
   ス(奥州市前沢区)の接続
  14 GNH(国民総幸福量)指標の導入 
  15 国庫補助金の見直し
  16 高齢化基準の見直し 
  17 消費税基礎年金制度(仮称)の創設 
  18 最新鋭の発電所を原発サイトに設置
  19 県立高等学校の再編
  20 奥州市立診療所の休床化計画案
  21 岩谷堂小学校天体観測室の活用
 
 H25.5.18   
 NPO法人いわて未来政策・政経研究会
    通常総会が開催される !!


 
平成25年5月18日(土)午後2時半から奥州市のプラザイン水沢で上記の通常総
会が開催され、正会員227人中127人が出席(本人39人、書面88人)し、平成24年
度の事業報告及び収支決算が承認され、平成25年度事業計画及び活動予算が決
定されました。
 また、事務所の変更を主な内容とする定款変更が承認されました。
 総会後の講演会では、岩手県首席ILC推進監の大平尚さんの分かりやすい、
肩のこらない科学技術とまちづくりのお話に約50人の聴衆が魅了されていまし
た。
 更にその後約40人が参加して和やかに交流会(懇親会)が開催されました。


 
  H25.2.23   
 国会議員との意見交換会を開催
 

平成25223()午後2時半から奥州市の水沢地区センターで、主濱了
参議院議員との意見交換会がおよそ
30名の出席のもと開催されました。
 まず主濱講師から@東日本大震災からの復興A消費税BTPPC原発D外交・
防衛E地方への一括交付金F地方公務員の給与削減について、国会論議のポ
イントを交えお話しがありました。

 
これに対して参加者から、「TPPでは日本の外交力が問われる。」、「一括
交付金問題は国の地方への不信が背景にある。」、「放射能除染対策では
保管場所の確保が遅れている。」、「被災者への生活再建支援では、形式的
処理で困っている事例が多々ある。」などの意見が出されました。


 
H24.3.17  
 県内各政党所属政治家(県議等)
   との意見交換会を開催

1  日 時 平成24317() 午後230分から午後430まで

2   所 南都田(なつた)公民館(奥州市胆沢区南都田字本木152  電話0197-46-2213
3    出席者 県内各政党所属政治家等(県議等)、会員及び参加希望の住民 50名余

   各政党からの出席者 
    民主党: 関根 敏伸 氏(岩手県総支部連合会政策調査会長・県議)
    自由民主党: 熊谷 泉 氏(岩手県連合会幹事長代理・県議)
    公明党: 小野寺 好 氏(岩手県本部代表・県議) 
    日本共産党: 高田 一郎 氏(岩手県農漁民部長・県議)
    社民党: 伊澤 昌弘 氏(岩手県連合代表・元県議)
    地域政党いわて: 飯沢 匡 氏(代表・県議)

4       進め方  まず、各政党からの出席者に主要な地域等政策についてお話いただ(およそ1政党5
     程度
)、その後、会場の出席者との意見交換
(およそ80)という形で進めました。

  会員等からの質問、意見等 
@        放射能汚染対策(除染対策ほか)
A        TPP交渉問題
B        教育問題その1 (引きこもり対策・リニアコライダー立地に対応した教育環境整備)
C       教育問題その2 (学力向上対策・学校と地域による新たな協働関係)
D        地方の時代における県内各政党の国政に向けた発信内容


                  


   H23.9.23 

   いわて未来政策・政経研究会主催の「県政策推進室長との意見交換会」が奥州
 市前沢区の前沢ふれあいセンターで開催されました。およそ30名が出席しました。
  木村卓也室長から「岩手県東日本大震災津波復興計画」について説明がなされ
 た後、活発に意見交換がなされました。
  また、当会として初めての試みでしたが、「県政推進に関する要望書」(内容は
 別掲)を岩手県知事あてに提出しました。

                        
                  会場風景              木村室長に要望書を託す


    H23.6.27

   上記の通常総会の後、直ちに特定非営利活動法人いわて未来政策・政経研究会設立
  総会が開催されました。
   この設立総会では、「設立趣旨に関する件」、「定款に関する件」、「会費に関する件」、
 「財産に関する件」、「平成23年度及び 平成24年度の事業計画並びに収支予算について」、
 「役員及び報酬に関する件」、「設立代表者の選任について」の議案が上程 され全て原案
 通り可決されました。
   詳しくは事業・予算・決算欄をご覧ください。


    H23.6.27

   いわて未来政策・政経研究会平成23年度通常総会が開催されました。また、
  併せて特定非営利活動法人いわて未来政策・政経研究会設立総会が開催され
  ました。

 
  総会後の講演会では、三遊亭楽麻呂師匠の時事落語で盛り上がりました。
        
いわて未来政策・政経研究会          熱演する楽麻呂師匠            熱気溢れる総会風景
   平成23年度通常総会
 (H23.6.19プラザイン水沢)


  

  いわて平成松下村塾を開塾し、第六期の塾生を募集して
 います。

  
 
次代の地域の発展を担う人材の発掘と育成を目的とする塾を開設し、運営します。
 第一期生7名は平成23年9月3日に、第二期生4名は24年3月10日に、第三期生2名は平成
25年3月2日に卒塾しました。
 第四期生(H25.7月―9月)は9月7日に2名が卒塾しました。
 第五期(H28.1月―3月)は3月19日に1名が卒塾しました。
 第六期(H29.11月―12月)に入塾をご希望の方は、お早めにお申し込みご相談ください。

 
 1  開塾の趣旨 いわて未来研の設立趣旨にある人材育成の中心的な事業として
       「いわて平成松下村塾」を立ち上げ、政治・経営の道を歩もう と
       する人材、国家や地域の発展に貢献しようとする人材などの育成を
       図ります。

 2 塾 是   自主自立の精神のもと、よく学び、よく思索し、政治・経営の
        理念を探求するとともに、自らの志を立て、修練を重ね、世界の
        平和と人類の繁栄幸福を希求し、国家や地域の発展に貢献する人材
        となる。

 3 開設主体 NPO法人いわて未来政策・政経研究会とし、会長を塾頭とします。

 4 開設時期 標準形として各年1-3月又は7-9月に開設。

 5 開設場所 いわて未来研事務所(奥州市江刺区愛宕字橋本119番地)とし、盛岡
       会場に希望者があるときは、辻・本郷税理士法人盛岡支部事務所研修
       室(盛岡市中央通2-11-18-5F大通り三丁目バス停附近)とします。

 6 実施内容 一期ごとに、10回の講義と3の立志研修を行います。卒塾者には卒塾
       証を交付します。日程は、次表のとおりに設定し、1回あたり90分。受
       講料は、23千円(1人1期ごとに)に設定します。卒塾後の連携事業な
       ど様々な活動等支援を行ないます。但し、期ごとの入塾者が3名以内の
       場合は、回数や時間について一定の縮減を行います。

期 別

平成2911月

  平成29年12月


第六期の場合
(入塾者1名)

4日(土)
 AM10:15〜11:45
 PM1:00〜2:30
18日(土)
 AM10:30〜12:00
 PM1:00〜2:30
 

  9日(土)
   AM10:30〜12:00
   PM1:00〜2:30
  23日(土)
   AM10:30〜12:00
   PM1:00〜2:30

 7 講師陣等(期によって若干の変更あり) 

     講   師

       講 義 内 容 等

相原正明(初代奥州市長、いわて未来政策・政経研究会会長)

人間・歴史・国家・地域観及び主に首長の視点等からの政策・政治・選挙等(4回担当)並びに立志研修(志の練磨・課題討議等、2回担当) 

市町村長経験者

主に首長の視点等から政策・政治・選挙等(3回程度担当)

県議会議員又は市議会議員経験者

主に議員の視点等からの政策・政治・選挙等(1〜3回担当)

 8 募 集   @ 募集を開始しています。
        A    入塾を希望される方は、別添の様式に志望動機をご記入の上、いわ
          て未来研事務所
(場所等は次のとおり)に提出ください。志望動機に
          よって選考のうえ、入塾決定のお知らせをいたします。

           023-1131  岩手県奥州市江刺区愛宕字橋本119番地
              
いわて未来政策・政経研究会事務所
              TEL0197-35-2134   FAX 0197-35-2134  
              E-mail:miraiken@pon.waiwai-net.ne.jp

              
ホームページ:http://iwate-miraiken.sakura.ne.jp


  「いわて平成松下村塾」第 期入塾申込書  平成  年  月  日申込み

 

事務局

処理覧

FAX受付日 原本受付日

 

(フリガナ)

氏 名





              男・女

 写 真

(4 cm×横3cm。白黒・カラーどちらでも可。裏に氏名を記入)

(フリガナ)
住 所

生年月日

      年   月   日 
            年齢  歳

電話番号

メールアドレス

FAX

携帯番


(フリガナ)勤務先(学校)

                        

業種(専攻)                     

(フリガナ)
住  所

               TEL

経歴(書式自由)  [出身地:      ]

学歴




職歴

 ☆ 申込書の提出先 
   入塾申込書を「ファックス」もしくは「郵送」にて下記事務所宛に
   お願いいたします。

    023-0854  岩手県奥州市江刺区愛宕字橋本119番地
                いわて未来政策・政経研究会事務所
                  TEL0197-35-2134   FAX 0197-35-2134

                  E-mail:miraiken@pon.waiwai-net.ne.jp 
                  
HP
:
http://iwate-miraiken.sakura.ne.jp

  志望動機等をご記入ください。(パソコンなどで別途作成されてかまいません。)
   ◇ 志望動機
(ここに記入される文章をもって選考させていただきます。)

◇ これまであなたが打ち込んできたこと。(仕事、習い事、部活、サークル等)


◇ 興味のあるテーマは何ですか?

◇ 当てはまるところにチェックをお願いします。(2つまで)

塾の講師に興味がある。 □仲間を得たい。 □仕事のかたわら、地域で活動したい。市民・県民の立場で政策提言をしてみたい。 将来的には議員に立候補を考えている。将来的には社会起業を考えている。 活動をしているが、壁にぶつかっている。□その他(                                                 )

◇ 最近感銘を受けた本・尊敬する人物




人物

☆ 振込みのご案内 ☆
  入塾決定のお知らせと共に受講料の振込み案内をさせていただきますので、期日
 までにご送付する「払込取扱票」(ゆうちょ銀行料金加入者負担(赤色)用紙)により、
 お振込み願います。なお、分割払いのご相談もお受けいたします。


   (ゆうちょ銀行振替口座)
  口座記号番号: 02250-3-117702 
  口座名称: いわて未来政策・政経研究会


 

   H24.2.29 

 いわて未来政策・政経研究会会報第7号を発行しました。会員(323人・法人)
以外の方でご覧になりたい方はお申し越しください。
 今回のテーマは
「環境をめぐる諸課題」です。主な執筆者等の方々は次のとおり
です。

   酒井 俊巳 氏   
佐藤 寿夫   

★H.23.8.30★
 いわて未来政策・政経研究会会報第5号を発行しました。会員(301人・法人)
以外の方でご覧になりたい方はお申し越しください。
 今回のテーマは「産業振興の今日的課題ー震災復旧・復興とも関連させてー」
です。
 主な執筆者等の方々は次のとおりです。
    
                              
 
藤田修三郎 氏 梅原 孝 氏  飯倉 穣 氏


 ★H.23.5.31★
 いわて未来政策・政経研究会会報第4号を発行しました。会員(294人・法人)
以外の方でご覧になりたい方はお申し越しください。
 今回のテーマは「産業振興の今日的課題ー震災復旧・復興とも関連させ
てー」です。
 主な執筆者等の方々は次のとおりです。
                      
      飯倉 穣 氏       福田 喜 氏     漆原憲博 氏


★H.23.2.28★
 いわて未来政策・政経研究会会報第3号を発行しました。会員(294人・法人)
以外の方でご覧になりたい方はお申し越しください。
 今回のテーマは「教育」です。主な執筆者等の方々は次のとおりです。
                    
 佐々木初朗氏    安藤 厚氏      熊坂伸子氏      望月善次氏

  

  会員加入促進のお願い

 29.5.10日現在の会員数は、次のとおりです。会員を継続して、募集中です。
 会の発展のためにも、加入促進方を宜しくお願いいたします。


  個人正会員 177   個人賛助会員 67

 団体正会員28法人・事務所    団体賛助会員 2法人

   合計 249


    ご寄附御礼
 

  会の財政基盤の確立・充実のためには、会費のみならず、寄附金収入が大切な
 ことは、申すまでもありません。

  ご寄附された方々に、厚く、御礼申し上げます。

  H29.3.31現在の状況(28年度)
  金額 50千円 ご寄附者数(延べ) 14


 

  


 

  

 
 

 
 
   

 


 

 
 

                         

  


 




-

 

Copyright (C) IwateMiraiken All Rights Reserve